願いはすでに叶っていた

引き寄せの法則で願いはすでに叶っていた!?

引き寄せの法則を意識しながら生活しだしてから、

普段の生活で体験する事に注意を向けるようになりました。

「明日の朝のパンを買わなくちゃ」って思った次の瞬間、

製パン会社のトラックを目撃したり・・・などなど

引き寄せを意識するまでは、まったく見ていなかった現実の細かな出来事と

自分の思考が連動しているかも・・・?

と思えるような出来事の連続だったなんて事に気づきます。

 

叶うスピードが速くなった

ここ最近、思考が現実に現れるスピードが速くなった感じがしています。

もちろん、思考している内容にもよりますが、

日々の些細な思考なら、それほど時間の必要もなく叶ってしまいます。

例えば「●●さんに連絡しなきゃ」と思っていたら、町で偶然●●さんに出会った。

なんてことが頻繁に起こるようになってきます。

 

執着が一番のブロック

引き寄せの法則で自分の望みをかなえたい場合、

「執着」があると叶うまでの時間が掛かったり、

努力が必要になるケースがあります。

 

「執着」ってなんでしょうか?

願いに関しての執着の場合、

「この願いが叶うと私は幸せになる」と思ってるんじゃないでしょうか?

逆の言い方をすると「この願いが叶わないと私は不幸だ」と思っている事に似ていると思います。

「願いが叶わないと私は不幸」だから、その願いに執着して、

「なにがなんでも叶えてやる」という思考になり、力も入って叶いにくくなるのかもしれません。

では、叶いやすくするにはどうしたらいいでしょう?

まず第一に、その願いが叶っても叶わなくても、私はすでに満たされていて幸せだという意識でいることはいいことだと思います。

そして、身体と頭の力を抜く事。

その望みが自分にとって本当に必要なら、宇宙が叶えてくれるので「果報は寝て待て」でOKという大らかな気持ちでいることも手助けになります。

 

自分の願いをブラッシュアップ

「豪邸に住みたいな~」「いい車に乗りたいな~」「高級ブランドの服が欲しいな~」「すてきな異性と付き合いたいな~」「健康な身体になりたいな~」などなど、叶えたい願いってたくさんありますよね。

でも、この願いですが、叶えたい願いの中に自分自身の心の中にある「不安」や「自信の無さ」を覆い隠す動機が含まれていないかチェックすることは、願いを叶えるためにも重要な工程です。

例えば「豪邸に住みたい」という望みを持っている場合、自分自身に「なんで住みたいの?」

と、自問自答してみましょう。

この自問自答を繰り返す事で、「あれっ?別に今住んでるとこで全然幸せ」と思える事もあります。(もしかしたら豪邸に住むことで社会に成功者として認められたいという承認欲求が根底にあるのかもしれません)

今まで叶えたいと思っていた願いを再度ブラッシュアップして

本当の自分が『快』と思える望みを見極めていきましょう。

 

 

 

 

 

▼「自分だけで抱え込まないで助力を求める」というのも必要な時はあります▼